閉じる

ウィークリー情報

会員権相場回復の鍵は法人需要

日経新聞掲載 2017.04.18

● 相場性商品の中でゴルフ会員権の割安感際立つ。
● 反発の株価、回復歩調の地価に対し独歩安状態。
● 一定量の買いはあるが高齢者の処分多く下値圧力。
● 2000年末を100とする今年3月末の指数は35。
● 入会条件の緩和・入会諸費用の軽減が喫緊の課題。

 会員権相場は昨年の11月を底に反発に転じました。今年の3月はやや伸び悩みましたが、4ヶ月間で1.5%の値上がりとなりました。とはいえ、会員権相場は依然として低い水準にあります。
 2000年末を100とする指数でみると、この間、何度か一時的な反発はありましたが、今年の3月末では35に止まっています。反発が著しい株価や回復基調にある地価と比べて大幅に低く、割安感が際立っています。会員権の独歩安といっても過言ではない状態です。会員権に対する根強い買い需要はありますが、法人や高齢者の処分の増加が市場を圧迫しています。
 名変料など入会諸費用の値下げや入会条件の緩和、魅力あるクラブづくりなど抜本的な改善による入会促進が急がれます。

佐川八重子のウィークリー情報

(過去3カ月分を掲載)

2018/02/20:日経新聞掲載

法人の旺盛な物色続く

●今年も法人の会員権の入会活発。 ●法人は経営陣の社交用・接待...

2018/02/13:WEB掲載

昨秋の底から短期間で79コースが値上がり

2018/02/06:日経新聞掲載

18年相場順調に滑り出す

2018/01/30:WEB掲載

プロゴルフツアーの熱戦始まる

2018/01/23:日経新聞掲載

トップ10の半数占める高額名門コース

2018/01/16:WEB掲載

12月1週を底に、相場いよいよ動き出す

2018/01/10:日経新聞掲載

相場は4年ぶりに反転

2017/12/26:WEB掲載

ゴルフ人気の健在ぶりみせた2017年

2017/12/19:日経新聞掲載

今年は買い注文増加 特に12月は急増

2017/12/12:WEB掲載

下振れ続く11月相場だが底入れ迫る

2017/12/05:日経新聞掲載

法人需要が活発化

2017/11/28:WEB掲載

関東ではプレーも近場志向