閉じる

ゴルフ会員権情報

ゴルフニュース

カテゴリー
キーワード検索

料金改定

2017/12/14

サンメンバーズCC(山梨)年会費改定 New

「サンメンバーズカントリークラブ」では、平成30年1月1日以降の入会者に限り、年会費を値上げ改定する。 (1)年会費:  正会員)25,000円⇒30,000円(税別)  平日会員)12,500円⇒15,000円(税別)  無記名法人)50,000円⇒60,000円(税別)  ※現会員の年会費は改定しない。

経営交代

2017/12/11

アイランドGパーク岐阜中央(岐阜)経営母体が交代 New

 ㈱アイランドゴルフは、保有する「アイランドゴルフパーク岐阜中央」(経営会社:㈱アイランドゴルフ岐阜中央)の株式をオリエンタル商事㈱に売却したと発表。  同ゴルフ場は、昭和49年に岐阜中央CCとしてオープン。平成25年4月に当初の事業会社が自己破産を申請するところとなったが、㈱アイランドゴルフのグループ...

その他

2017/12/07

八重桜CC(奈良)預託金の永久債化を実施 New

 昭和51年開場の「八重桜カントリークラブ」を経営する㈱奈良は、預託金の償還問題を解決するため、平成29年3月から預託金の永久債化を案内しており、在籍する約1100名の会員のうち半数以上が永久債に転換ないしは手続中になっているという。  永久債化の手続きを行った会員に対しては、年会費の免除や、1回目に限り名義...

倒産情報

2017/12/07

岩国CC(山口)営業終了 New

 「岩国カントリー倶楽部」が平成29年11月30日をもって営業を終了したことが判明した。中国新聞が報じたところによれば、赤字続きで運営会社が営業継続を断念した旨を伝えている。

その他

2017/12/05

アコーディア・ゴルフ、関連会社の合併と減資公告 New

 ㈱アコーディア・ゴルフは、平成29年11月22日付官報で、関係子会社の合併や資本金減資を公告した。ゴルフ場経営会社関係では、内容は以下の通り。 ・㈱アコーディアAH01:ピーエスアール武蔵㈱を合併  ※習志野CC(千葉)など11コースを保有。今回の合併で、おおむらさきGC(埼玉)を加え12コース保有に。 ・...

入会条件変更

2017/12/01

葛城GC(静岡)正会員募集終了および名変再開 New

「葛城ゴルフ倶楽部」では、平成29年12月1日から正会員募集を実施していたが、好評のうちに予定口数を完了したため、正会員募集を終了し名義書換を再開する。 (1)名変再開:平成29年12月1日~ (2)名義書換料:  正会員)1,500,000円(税別)  平日会員)400,000円(税別)

料金改定

2017/11/30

熊谷GC(埼玉)名変料減額期間終了

「熊谷ゴルフクラブ」では、現在実施している名義書換料の期間限定減額を、予定通り平成30年1月理事会入会審査分(平成29年11月末日書類〆切)をもって受付を終了。名義書換料を改定する。 (1)実施:平成30年4月理事会入会審査分(平成30年2月末日書類〆切)~ (2)名義書換料:  正会員)600,000円⇒700,000円(税別) ...

料金改定

2017/11/30

伊東CC(静岡)名変料半額キャンペーン実施

「伊東カントリークラブ」では、平成29年10月12日の理事会において承認を受け、市場活性化を促し会員プレーヤーの増員につなげるべく、名義書換料の期間限定半額キャンペーンを実施する。 (1)実施:平成29年12月1日~平成31年12月末日 (2)名義書換料:正会員)400,000円⇒200,000円(税別)

経営交代

2017/11/29

メイフラワーGC(栃木)経営母体が交代

 「メイフラワーゴルフクラブ」の経営母体が交代した。  同クラブの関係会社は、土地建物保有者の合同会社アンカーと運営会社の㈱HOPEの2社あり、東日本大震災で経営危機に直面した際、クラシックグループが傘下に入れて経営してきた。  今回、平成29年11月6日付で、この2社の株式をクラシックグループから㈱ジ...

料金改定

2017/11/22

中山CC(千葉)入会時の書換預託金を一時停止

「中山カントリークラブ」では、新規入会者の入会費用を軽減するため、期間限定にて書換預託金の預りを一時的に停止する。 (1)書換預託金の預り停止期間:  平成30年1月1日~平成30年12月31日迄 (2)軽減内容:  書換預託金500,000円の預りを1年間限定で停止する。尚、退会者への書換預託金については従来通り返還する...