閉じる

ウィークリー情報

強弱分かれる地区別相場

日経新聞掲載 2019.06.18

〇1~5月の関東圏平均相場は0.5%の値上がり
〇突出する山梨(+7.6%)、東京(+3.1%)の伸び
 山梨は河口湖・メイプルポイントが高い値上がり率
 東京は八王子など名門含め半数のコースが値上がり
〇神奈川・千葉は平均並みの+0.5%の伸び
〇埼玉・茨城のマイナスは名門・中堅の値下がりが響く
〇名義書き換料等の高さが相場の伸びを抑える
 軽減が課題

 今年1~5月の関東圏の地区別相場は強弱が分かれています。内訳は以下の通りです。値上がりが6地区:山梨、東京、神奈川、千葉、群馬、信越、横ばいが1地区:福島、値下がりが4地区:埼玉、茨城、栃木、静岡。
 値上がりした6地区のうち突出した伸びをみせたのが山梨(+7.6%)と東京(+3.1%)です。山梨は値上がりコースこそ少ないものの河口湖、メイプルポイントの値上がり率の高さ、そして東京は八王子、府中、小金井はじめ名門を含む約半数のコースが値上がりしたことが寄与しました。
 神奈川、千葉はともに値上がりしていますが、高額名門コースの値下がりが影響して平均レベルの伸び(+0.5%)に留まりました。千葉は中堅クラスの値下がりが目立ったことも伸びきれない要因になっています。
 一方、値下がり地区では埼玉、茨城、栃木は名門・中堅コースの値下がり、静岡は中堅クラスを含む値下がりコースの多さが響きました。
 地区やコースごとに騰落の明暗が分かれていますが、総じて言えるのは名義書き換料等の高さが相場の伸びを抑えていることです。入会諸費用の軽減が入会促進や相場対策の課題といえましょう。

佐川八重子のウィークリー情報

(過去3カ月分を掲載)

2019/11/20:WEB掲載

ゴルファーの志向はホームコースの取得へ

 ゴルファーの間で会員(メンバー)志向が広がっています。表は...

2019/11/12:日経新聞掲載

底値買いの好機到来

2019/11/05:WEB掲載

10月相場全面安だが早くも底値買い

2019/10/29:日経新聞掲載

数年でプレーフィー差額が入会総額以上に

2019/10/23:WEB掲載

関東圏25%のゴルフ場が会員を募集中

2019/10/15:WEB掲載

1~9月の値上がりコース85に拡大

2019/10/08:日経新聞掲載

週日会員募集中

2019/10/01:WEB掲載

9月は駆け込み期待外れで相場弱含み

2019/09/25:日経新聞掲載

定着する法人の名門回帰

2019/09/17:WEB掲載

消費税増税間近の市場の状況

2019/09/10:日経新聞掲載

買い注文人気の中心は中堅コース

2019/09/03:WEB掲載

夏相場は弱含むも 個人の買いは活発

2019/08/27:日経新聞掲載

ゴルフ場入場者数が大幅に増加