閉じる

ウィークリー情報

個人のお手頃コースの選考が目立つ

WEB掲載 2020.06.30

○総額300万円までがトップ50(56銘柄)の63%を占める
 150万円未満が18コース・占有率32.1%
 150~300万円未満が17コース・占有率30.4%
○総額500万円超の高額は13コース・占有率23.2%に止まる
 新型コロナ禍に伴う法人需要の鈍化が影響
○トップ3は①上野原(山梨)、②千葉(千葉)、③宍戸ヒルズ(茨城)
○高額では千葉のほか府中(東京)、横浜(神奈川)がトップ10入り


 今年上期の買い注文のランキング上位は個人需要の市場を反映、当社が受けた買い注文数の上位トップ50(56銘柄)はお手頃及び中堅コースが全体の3分の2近くにのぼりました。ちなみに、名変料等を含む総額で150万円未満が18コース(占有率32.1%)、150~300万円未満が17コース(同30.1%で)、個人のお手頃及び中堅コース選好が如実に現れました。
 一方、高額コースでは500~1000万円未満が8コース(同14.3%)、1000万円以上が5コース(同8.9%)で、接待に適した名門コースが多い高額価格帯は全体の23.2%でした。世界規模の新型コロナウイルスの感染拡大に伴う法人需要の鈍化が響き、例年とは異なる現象となりました。
 トップ3は第1位がリーズナブルな金額での募集が好評な上野原(山梨)、第2位が趣の異なる3コースが利用できる千葉(千葉)、第3位がプロトーナメントを開催するチャンピオンコースの宍戸ヒルズ(茨城)で、トップ10では注文数が伸びきれなかった高額コースの中でも千葉のほか府中(東京)と横浜(神奈川)がランクインしました。
 今後は環境の改善による名門コースを中心とする法人需要の復調や20~30年にわたるゴルフ計画を見据えたリタイア層の優良コース需要の本格化も予想され、ランキングに異なった傾向が出てくる可能性がありそうです。

佐川八重子のウィークリー情報

(過去3カ月分を掲載)

2020/06/30:WEB掲載

個人のお手頃コースの選考が目立つ

○総額300万円までがトップ50(56銘柄)の63%を占める  150万...

2020/06/23:日経新聞掲載

固定化するゴルフ企業の上位勢力図

2020/06/16:WEB掲載

感染予防対策で安心して楽しめるゴルフ

2020/06/09:日経新聞掲載

高水準保つゴルフ人気 ~スポーツ庁調査より~

2020/06/03:WEB掲載

5月市場は売買のバランスが大きく改善

2020/05/26:日経新聞掲載

法人の売買動き出す

2020/05/19:WEB掲載

コロナ禍収束後の人気化先取り中堅コース

2020/05/12:日経新聞掲載

弱含みに転じた4月相場

2020/05/07:WEB掲載

心身のリフレッシュを促進するリゾートコース

2020/04/28:WEB掲載

準名門や中堅コースにも及ぶ平日会員権人気

2020/04/21:日経新聞掲載

人気高まる名門コースの平日会員権

2020/04/14:WEB掲載

昨年度の法的整理は大幅に減少

2020/04/07:日経新聞掲載

低水準で推移するゴルフ会員権