閉じる

ウィークリー情報

法人需要が活発化

日経新聞掲載 2017.12.05

●好業績を背景に法人の積極的な購入が増える。
●名門・準名門を物色。特に小金井の入会目立つ。
●保有目的は経営トップの社交用及び得意先の接待用。
●歴史や伝統を備えた会員層の良いコースが選ばれる。
●都心から近く予約の取りやすさが選ばれる主要因。
●市場の活況は法人需要。名変諸費用の改善が鍵握る。

法人は今年、好調な業績などを背景に、大幅に割安になった名門や準名門コースを積極的に購入しました。夏場は一服状態でしたが、下期に入って再び購入の検討が広がっています。とくに大手法人では保有コースの見直しで小金井に高い関心が寄せられました。
 法人が会員権を保有する目的は、経営トップの社交用や得意先の接待用が中心です。このため都心から近いことを大前提に、会員層のレベルが高く伝統や格式を備えた名門、それに準じるクラスのコースが対象となります。また、予約の取りやすさや入会しやすさも重要な要素です。価格帯では総額で1000万円を超える名門の一級品や500~1000万円未満の優良コースがほとんどで、一部、それ以下のコースも対象になっています。
法人需要は会員権市場のマーケットリーダーで求めるコースが高額のため相場への影響度が高く、今後は名変諸費用の改善が市場動向の鍵を握ると言っても過言ではありません。

佐川八重子のウィークリー情報

(過去3カ月分を掲載)

2018/02/20:日経新聞掲載

法人の旺盛な物色続く

●今年も法人の会員権の入会活発。 ●法人は経営陣の社交用・接待...

2018/02/13:WEB掲載

昨秋の底から短期間で79コースが値上がり

2018/02/06:日経新聞掲載

18年相場順調に滑り出す

2018/01/30:WEB掲載

プロゴルフツアーの熱戦始まる

2018/01/23:日経新聞掲載

トップ10の半数占める高額名門コース

2018/01/16:WEB掲載

12月1週を底に、相場いよいよ動き出す

2018/01/10:日経新聞掲載

相場は4年ぶりに反転

2017/12/26:WEB掲載

ゴルフ人気の健在ぶりみせた2017年

2017/12/19:日経新聞掲載

今年は買い注文増加 特に12月は急増

2017/12/12:WEB掲載

下振れ続く11月相場だが底入れ迫る

2017/12/05:日経新聞掲載

法人需要が活発化

2017/11/28:WEB掲載

関東ではプレーも近場志向