閉じる

ウィークリー情報

法人内名変料見直し望まれる

日経新聞掲載 2017.09.05

● 名変料高く会員権凍結、売却も。
● 直近の割引率は約半数が50%未満。
● かつては半額が一般的。
● 選別のポイントは、使い勝手の良さ。
● 法人は集客貢献度が高い。

 好調な業績を支えに保有している会員権の見直しを行う企業が増えています。使用していない会員権を処分し使い勝手の良い会員権に切り替えるなど選別が進んでいます。企業は役員交代ごとに発生する名変料の負担に頭を抱え、名義書換を凍結したり名門コースを惜しみつつ売却するケースも少なくありません。
 法人内名変料はかつて通常の半額が一般的でしたが、近年では割高感が目立っています。上表の法人内名変料例では約半数の12コースが割引率50%未満で、そのうち6コースが割引率ゼロです。このため法人の入会は法人内の名変料や新たに入会する際の諸費用が留意点となっています。
 法人の新規入会や名義書換を一層促進するためにも、法人会員の名変料などの見直しや優遇策が望まれます。

佐川八重子のウィークリー情報

(過去3カ月分を掲載)

2018/01/16:WEB掲載

12月1週を底に、相場いよいよ動き出す

●12月は買い注文大幅増加し、買い先行の市場へ。 ●その結果、12...

2018/01/10:日本経済新聞掲載

相場は4年ぶりに反転

2017/12/26:WEB掲載

ゴルフ人気の健在ぶりみせた2017年

2017/12/19:日経新聞掲載

今年は買い注文増加 特に12月は急増

2017/12/12:WEB掲載

下振れ続く11月相場だが底入れ迫る

2017/12/05:日経新聞掲載

法人需要が活発化

2017/11/28:WEB掲載

関東ではプレーも近場志向

2017/11/21:日経新聞掲載

会員権相場は4年ぶりに上昇へ

2017/11/14:WEB掲載

やや弱含むも高原状態続く10月相場

2017/11/07:日経新聞掲載

効果大きい入会諸費用の軽減

2017/10/31:WEB掲載

西南地域が関東相場を牽引

2017/10/24:WEB掲載

関東圏の3分の2のコースが100万円未満