閉じる

ウィークリー情報

エグゼクティブにも人気の電車利用コース

WEB掲載|電車シリーズ② 2017.08.29

● エグゼクティブ層でも電車ゴルファー増える。
● 電車は時間が正確で心身ともに楽。
● 予算300~600万円で、中堅上~名門コースを。
● 法人で記名していたコースを個人で買いなおす。
● 時間ゆとりを会員との交流に重視。
● 名門コースには質の高いクラブライフがある。

企業エグゼクティブやリタイア層の間でも、電車ゴルファーが増えています。相互乗入等電車利用の利便性が高まっているためです。ゆとりあるエグゼクティブ層では、会員権購入には300万円~600万円くらいの予算が用意されており、中堅上クラス~予算を抑えた名門コースが物色されています。電車利用のメリットは、お手頃価格帯と同じく、「時間が正確でストレスがなく心身ともに楽」、「時間のゆとりができ、交流が広がる」ことですが、予算を増やすことでさらに大きな満足感が得られます。それは名門コースが持つコースの良さに加えて、会員層の良さ、質の高いアットホームなクラブライフがあることです。あなたも電車利用で時間を有効活用されてはいかがでしょうか。

300万円~400万円までの予算が用意できると埼玉では旧住友銀行・鹿島建設系の「高坂」、りそな系の「高麗川」、株主制の「東松山」、神奈川では三菱系の「長竹」、JR系の「レインボー」、千葉では株主制の「佐倉」「浜野」など、どれをとっても立派な堅実経営のコースが揃っています。さらに500~600万円まで予算が増えると埼玉では株主制の名門「狭山」「飯能」「日高」、同じく茨城の株主制の名門「筑波」「龍ヶ崎」、そして千葉の「袖ヶ浦」も戦略性の高いチャンピオンコースで会員を重視した運営、満足度には定評があります。

電車利用のメリットは、「時間が正確で身体が楽」「会員とのコミュニケーションに重点がおける」につきます。夕食が自宅でゆったりとれるというケースもありました。

佐川八重子のウィークリー情報

(過去3カ月分を掲載)

2018/02/20:日経新聞掲載

法人の旺盛な物色続く

●今年も法人の会員権の入会活発。 ●法人は経営陣の社交用・接待...

2018/02/13:WEB掲載

昨秋の底から短期間で79コースが値上がり

2018/02/06:日経新聞掲載

18年相場順調に滑り出す

2018/01/30:WEB掲載

プロゴルフツアーの熱戦始まる

2018/01/23:日経新聞掲載

トップ10の半数占める高額名門コース

2018/01/16:WEB掲載

12月1週を底に、相場いよいよ動き出す

2018/01/10:日経新聞掲載

相場は4年ぶりに反転

2017/12/26:WEB掲載

ゴルフ人気の健在ぶりみせた2017年

2017/12/19:日経新聞掲載

今年は買い注文増加 特に12月は急増

2017/12/12:WEB掲載

下振れ続く11月相場だが底入れ迫る

2017/12/05:日経新聞掲載

法人需要が活発化

2017/11/28:WEB掲載

関東ではプレーも近場志向

2017/11/21:日経新聞掲載

会員権相場は4年ぶりに上昇へ