閉じる

ウィークリー情報

活発化するボーナス需要

WEB掲載 2017.07.04

● サラリーマン層の入会相談が増加。
● 「予約」「近さ」「競技会」を重視。
● 予算は総額100~200万円中心。
● 予算上積みしてランク上位コース志向も。
● お手頃価格コースにも掘り出し物。

  夏のボーナスシーズンが到来しました。毎年この時期になると、ボーナスを活用した会員権の購入が増加します。今夏の大手企業のボーナスは例年を下回りましたが水準は高く、サラリーマンの入会相談が増えています。
 コースの選別に当たっては、名変料等を含めて総額100~200万円程度の予算が最も多く、「予約が取りやすい」「自宅から近い」「クラブ競技会が多い」などが重視されます。また最近では低利ローンの利用などで予算を上積みして、「歴史に裏打ちされた風格」「会員重視の運営」「充実したクラブライフ」などを考慮に入れたランク上位のコースを求めるケースもみられます。
左表がここにきて注目を集めているコースです。お手頃価格とはいえ掘り出し物があります。豊富な情報を持つ専門家のアドバイスを参考に、より良い選択をしたいものです。

佐川八重子のウィークリー情報

(過去3カ月分を掲載)

2018/01/16:WEB掲載

12月1週を底に、相場いよいよ動き出す

●12月は買い注文大幅増加し、買い先行の市場へ。 ●その結果、12...

2018/01/10:日本経済新聞掲載

相場は4年ぶりに反転

2017/12/26:WEB掲載

ゴルフ人気の健在ぶりみせた2017年

2017/12/19:日経新聞掲載

今年は買い注文増加 特に12月は急増

2017/12/12:WEB掲載

下振れ続く11月相場だが底入れ迫る

2017/12/05:日経新聞掲載

法人需要が活発化

2017/11/28:WEB掲載

関東ではプレーも近場志向

2017/11/21:日経新聞掲載

会員権相場は4年ぶりに上昇へ

2017/11/14:WEB掲載

やや弱含むも高原状態続く10月相場

2017/11/07:日経新聞掲載

効果大きい入会諸費用の軽減

2017/10/31:WEB掲載

西南地域が関東相場を牽引

2017/10/24:WEB掲載

関東圏の3分の2のコースが100万円未満