閉じる

ウィークリー情報

注目されるコースレートの高いコース

WEB掲載 2017.06.13

● アスリート系ゴルファー中心に人気高まる。
● コースレート72以上なら十分な難度を維持。
● 挑戦しがいがあり飽きることなく楽しめる。
● 名門コースが多いがお手頃コースも含まれる。
● 話題の競技コースでレベルを上げたい。

 近年、ゴルフを競技として捉える“アスリート系”のゴルファーが増え、コースレートの高いゴルフ場への注目度が高まってきています。コースレートは距離の長さに加えて、コースのレイアウトなど、JGAから任命された査定チームの検証によって決定されます。一般的にはコースレートが高いほど難易度が高く、ゴルファーの挑戦意欲をかき立たせると考えられます。
 左表はコースレート72以上の主なコースです。(バックティでのレート)武蔵、相模原、戸塚、鷹之台など地域を代表する名門コースもみられますが、レインボー、富士小山、高麗川、石坂、総武、日光など総額100~200万円台程度で購入できるコースも存在します。
レートが高いコースではプロのトーナメントも開催されることが多く知名度の高いコースも少なくありません。テレビで見たあこがれのコースでクラブライフを楽しみたいゴルファーは多く、銘柄選びでも人気を博しています。

佐川八重子のウィークリー情報

(過去3カ月分を掲載)

2018/02/20:日経新聞掲載

法人の旺盛な物色続く

●今年も法人の会員権の入会活発。 ●法人は経営陣の社交用・接待...

2018/02/13:WEB掲載

昨秋の底から短期間で79コースが値上がり

2018/02/06:日経新聞掲載

18年相場順調に滑り出す

2018/01/30:WEB掲載

プロゴルフツアーの熱戦始まる

2018/01/23:日経新聞掲載

トップ10の半数占める高額名門コース

2018/01/16:WEB掲載

12月1週を底に、相場いよいよ動き出す

2018/01/10:日経新聞掲載

相場は4年ぶりに反転

2017/12/26:WEB掲載

ゴルフ人気の健在ぶりみせた2017年

2017/12/19:日経新聞掲載

今年は買い注文増加 特に12月は急増

2017/12/12:WEB掲載

下振れ続く11月相場だが底入れ迫る

2017/12/05:日経新聞掲載

法人需要が活発化

2017/11/28:WEB掲載

関東ではプレーも近場志向