閉じる

ウィークリー情報

企業グループ上位勢力はほぼ定着化

WEB掲載 2017.05.23

● 平和PGMが3年連続のトップ。
● 2位はアコーディア・ゴルフ・アセット。3位はアコーディアゴルフで、今年上場廃止しアジアの投資ファンドの傘下に入る。
● 旧専業大手は外資が吸収。西武・東急が5位6位を死守。
● 民事再生法により法的整理コースふくらむ。
● 参入業種は外資・遊技・投資ファンド・新興不動産など。

 ゴルフ場企業グループの上位勢力がほぼ固定化してきました。3年連続トップは平和PGMグループ。昨年2コース増え、今年は早々にエンゼルを取得するなど拡大姿勢を見せています。2位はアコーディアグループから分離したアコーディア・ゴルフ・アセット。3位はアコーディアグループ本体で今年1月にアジアの投資ファンドの傘下に入りました。
 バブル経済崩壊後平成12年の民事再生法施行後は破たんしたゴルフ場の外資による買収が進み大半の専業大手が姿を消しました。その中で西武と東急が、5位6位を保ち老舗としての地位を不動のものとしています。
ゴルフ界に新たに参入した業種は遊技・投資ファンド・新興の不動産業等が目立ちます。この15、6年でゴルフ界の勢力図が大きく様変わりしました。

佐川八重子のウィークリー情報

(過去3カ月分を掲載)

2018/02/20:日経新聞掲載

法人の旺盛な物色続く

●今年も法人の会員権の入会活発。 ●法人は経営陣の社交用・接待...

2018/02/13:WEB掲載

昨秋の底から短期間で79コースが値上がり

2018/02/06:日経新聞掲載

18年相場順調に滑り出す

2018/01/30:WEB掲載

プロゴルフツアーの熱戦始まる

2018/01/23:日経新聞掲載

トップ10の半数占める高額名門コース

2018/01/16:WEB掲載

12月1週を底に、相場いよいよ動き出す

2018/01/10:日経新聞掲載

相場は4年ぶりに反転

2017/12/26:WEB掲載

ゴルフ人気の健在ぶりみせた2017年

2017/12/19:日経新聞掲載

今年は買い注文増加 特に12月は急増

2017/12/12:WEB掲載

下振れ続く11月相場だが底入れ迫る

2017/12/05:日経新聞掲載

法人需要が活発化

2017/11/28:WEB掲載

関東ではプレーも近場志向