閉じる

ウィークリー情報

中堅が牽引する2月相場

WEB掲載 2017.03.14

 2月の関東圏平均相場は0.3%値上がりし、12月以降3ヶ月続伸となりました。
 名変料等を除く価格帯別では高額と低額ではマイナスとなる週がみられ、上昇一服感も漂いましたが、300万円以上と150万円以上の中堅の伸びが全体相場を牽引しました。伸び率の高さが目立つ300万円以上では平塚富士見、厚木国際、茨城、筑波、また150万円以上では多摩、中山、大洗など大幅に割安になった名門や中堅の優良コースが含まれ、法人の接待用コースの需要を吸収し、相場の上昇につながりました。一方、売り物が多い低額でも70万円以上は高い伸びをみせるなど、ワンランク上のクラスのコースに対するニーズの高さも健在でした。
 上昇を続ける会員権相場ですが、決算期末を控えた法人の不要コースの処分も出始めており、今後の展開は決して予断を許さないといえましょう。

佐川八重子のウィークリー情報

(過去3カ月分を掲載)

2018/02/20:日経新聞掲載

法人の旺盛な物色続く

●今年も法人の会員権の入会活発。 ●法人は経営陣の社交用・接待...

2018/02/13:WEB掲載

昨秋の底から短期間で79コースが値上がり

2018/02/06:日経新聞掲載

18年相場順調に滑り出す

2018/01/30:WEB掲載

プロゴルフツアーの熱戦始まる

2018/01/23:日経新聞掲載

トップ10の半数占める高額名門コース

2018/01/16:WEB掲載

12月1週を底に、相場いよいよ動き出す

2018/01/10:日経新聞掲載

相場は4年ぶりに反転

2017/12/26:WEB掲載

ゴルフ人気の健在ぶりみせた2017年

2017/12/19:日経新聞掲載

今年は買い注文増加 特に12月は急増

2017/12/12:WEB掲載

下振れ続く11月相場だが底入れ迫る

2017/12/05:日経新聞掲載

法人需要が活発化

2017/11/28:WEB掲載

関東ではプレーも近場志向