児島宏のグリーン見聞記

G̃O[L

石川遼、またまた新CM。国内外では超人気で17連戦中!

石川遼のいくところ、常に大勢のファンが取り囲む超人気。

石川遼のいくところ、常に大勢のファンが取り囲む超人気。

 男子ツアーもいよいよ秋の陣。トーナメントはまだ11試合を残していて高額賞金の大会が目白押し。本当の勝負はこれからですが、そんなシーズンの真っ最中、人気を独り占めしている石川遼クンがまたまた新CMです。すでにスポンサー契約済みの第一三共の総合かぜ薬「新ルルAゴールド」のイメージキャラクターに男性として初めて起用され、9月19日から全国でTVオンエアーされています。石川がプロ転向後に契約した企業(団体)は18社。契約金の総額は29億円(推定)になんなんとしています。秋の陣を迎えた遼クンの最近情報を集めてみました。
 
      ◇         ◇
 
 新CMは、東京タワーでブレザー姿の石川が、右手を高々と掲げ「宣誓!家族のかぜの熱にも、のどにも、はなにも、ルルが全力を尽くすことを誓います!」と叫ぶものです。石川は「こんなに大声を出したのは中学校の体育祭以来。すっきりしましたね」と、感想を述べたということです。今シーズン中も石川遼へのCM攻勢はひきもきりません。
 

勝負カラーの赤がよく似合う石川遼。ゴルフ界でも1、2を争うイケメンも人気の秘密。

勝負カラーの赤がよく似合う石川遼。ゴルフ界でも1、2を争うイケメンも人気の秘密。

 大手医薬品メーカーの第一三共とのスポンサー契約は2月でした。米ツアー2試合への出場や4月のマスターズへの招待も決まるなど、世界への挑戦を控えた石川遼へのラブコール。1年1億円(推定)の契約といわれましたが、その第一三共は「ルル」はじめ「パテックス」「新三共胃腸薬」「リゲイン」「カコナール」など、おなじみの家庭薬を発売しています。主力商品でもある「ルル」の新薬CMに″新戦力〝として起用されたのです。最近では宮里藍が久光製薬、横峯さくらが佐藤製薬と契約するなど、プロゴルファーが医薬品会社のイメージアップ作戦に登用されているのが目立ちます。
 

ラフからグリーンを狙う石川遼。アプローチのうまさも定評がある(三菱ダイヤモンド杯の大洗GCで)

ラフからグリーンを狙う石川遼。アプローチのうまさも定評がある(三菱ダイヤモンド杯の大洗GCで)

 石川の企業との契約をざっとまとめてみますと、5月には下着メーカー大手のワコール社と1年間のインナーウエア着用契約を結びました。契約金は1,000万円(推定)。同社は大リーグ・マリナーズのイチローとも契約しており、石川もイチロー並みの評価を得たことになります。この下着のCM撮影でゴルフ界ではひと騒ぎがありました。5月下旬のツアー、三菱ダイヤモンドカップの練習日に会場の茨城・大洗GCで石川が上半身白いピチピチのインナーウエアー姿になって練習2ホール目の11番から2ホールをプレーしたからです。ワコール社の宣伝撮影用で、肌に密着する下着から浮かび上がる遼クンの鍛えられたボデーラインに回りは驚きの目を見張りましたが、ドレスコードがうるさい名門コースで、こんな下着姿でプレーして許されるものなのか、という声が上がったのです。 実はこの広告撮影に関し、ワコール関係者や広告代理店の博報堂関係者が日本ゴルフツアー機構(JGTO)などの許可をとってはいました。しかし、アンダーウエア姿でのプレーはトーナメント規定にも触れますし、コース側のドレスコードにも違反するものです。幸いコース側は穏便な態度をとってくれたため、JGTOから関係者や本人に注意するという処置で大事に至らずに落着しました。
 
 話は横道にそれましたが、6月には18社目の契約としてメダリスト・ジャパン社のサプリメント「シトリックアミノシリーズ」のCM出演契約を結びました。2年契約です。
このほか石川は、スポンサーではありませんが、タイガー・ウッズも契約する世界最大手のスポーツマネージメント会社「IMG」と海外におけるマネージメント契約を結びました。不慣れな海外ツアーを転戦するには日程のコーディネートなど実務的な部分のサポートを任せられるIMGとの契約は、海外を目指す石川にとっては安心のパートナーシップ
の締結といえます。またこの18歳の誕生日、9月17日には、石川遼ゆかりの品などを展示した記念館「リスの家」が新潟県湯沢町でオープンしました。プロ入り2年目の18歳が早くも「記念館」とは驚きですが、休業していたペンションを購入したもので、展示室や宿泊用の部屋10室などがあります。レッドソックス・松坂投手から贈られたサイン入りシューズなども展示しており、今後も展示品を増やしていくそうです。入場料は大人500円、中学生以下250円。
 
 プロ転向以来、18社のスポンサー・CM等の契約を完了している石川は、所属のパナソニックをはじめ、スポンサー契約でトヨタ、コカ・コーラ、ANA、NTTドコモ、ロッテら一流企業と手を結んでいます。プロゴルファーにとって重要な用具・ウエア類はヨネックス。父親・勝美さんが勤務する関係で全国信用金庫協会とのCM契約もしっかりと結んでいます。
 
 いまや石川が動けばマネーになる、といわれるほどの人気スターになりました。トーナメントの方も今季すでに3勝して賞金ランキングトップに立っています。獲得賞金は9446万4339円。2位にはやはり若手の池田勇太。そして3位にいる″本命〝片山晋呉には約2000万円の差をつけています。
 この秋の陣。18歳の賞金王が実現するのでしょうか。10月(8~11日)に米国カリフォルニア・ハーディングパークGCで開催される対抗戦、米国対世界選抜(欧州を除く)のザ・プレジデンツ・カップの出場が決まっています。この週は日本ではキャノンオープンですが、この1試合だけは欠場。前後のコカ・コーラ東海と日本オープンには出場する予定で、休養時間は皆無です。8月に遠征した全米プロから国内の最終戦ゴルフ日本シリーズJTカップまで、休みなく17連戦に挑みます(国内ツアーがなかった9月第2週は韓国オープンに出場)。
 今年初出場した欧州対アジアの団体対抗戦ロイヤルトロフィー(来年1月8日開幕)も、尾崎直道主将の推薦で早くも2年連続出場が決まっています。今年のプレジデンツ・カップの世界選抜に選ばれたことで、来年7月の全英オープンの出場権も得ています。いったいどこまで登りつめるのでしょうか。石川遼から目を離すことはできないようです。
 
 ◆石川遼の主な契約企業・団体◆
  
 <企業・団体名> <契約形態>
 
 パナソニック   所属
 ヨネックス   用具・ウエア
 山本光学    サングラス
 ロッテ     スポンサー・CM
 コカ・コーラ  スポンサー
 NTTドコモ  スポンサー
 トヨタ自動車  スポンサー
 ANA     スポンサー
 ジャパンエナジー スポンサー
 アーク・クエスト スポンサー
 新学社     スポンサー
 ハウス食品   CM
 エスプリライン CM
 ワコール    CM
 第一三共    CM
 全国信用金庫協会 CM
 メダリスト・ジャパン社 CM

Comments are closed.